本文へスキップ

主催:国際ロータリー2570地区 青少年交換委員会
後援:埼玉県 ・ 埼玉県教育委員会

国際ロータリー第2570地区 青少年交換プログラム


Q&A
ここでは、ロータリー青少年交換プログラムを知らない高校生のみなさんに簡単なQ&Aを用意しました。
参考にどうぞ。

Q1■英語ができないと合格できないの?■
いいえ。そんなことはありません。
このプログラムは、日本の「小さな親善大使」を世界に派遣させる事が目的ですので語学力は問いません。
ただし、派遣前の語学能力として義務教育期間で学んだ英語は試験します。
Q2■派遣先は決められないの?■
はい。本人が派遣先を決めることはできません。
派遣先はロータリアンが受入れロータリークラブ(海外のロータリークラブ)との協議で決定します。
*派遣国の変更・辞退はできません。*
Q3■英語圏以外の国の派遣先もあるの?■
はい。たくさんあります。
国際ロータリークラブは、168カ国で活動している世界最大級の奉仕団体です。
このネットワークを利用し、英語圏に関係なく世界中へ派遣されるシステムになっています。

今まで2570地区が派遣された国→派遣実績
 Q4■学校の英語しか勉強した事がありません。英語圏以外の国でも生活できますか?
過去10年以上、 ほとんどの応募者が英語(基礎レベル)の学生で無事に派遣プログラムを修了しています。
そんなOBの中には、トリリンガル(3言語話せる人:日本語、英語、スペイン語など)として仕事をされている先輩もいます。
 Q5■英語を話せるようになりますか?
これは本人次第です。
このプログラムは語学留学ではないので、語学留学特有のサポートはありません。
国際感覚を身につけることが主目的ですので、英語(もちろん英語以外も)は、自分の力で習得していくことになります。
 Q6■派遣先ではどんな生活をするの?
派遣される国によって多少異なりますが、基本的には海外のロータリアンの家にホームステイをしながら現地の高校に通います。この生活の中で「小さな親善大使」として「日本」をホストファミリーや友達に発信してもらいます。また、自分も派遣国の文化や考え方を受け入れ、派遣国と友好の懸け橋になっていただきます。
過去には、当地区の学生が「折り紙教室」や「日本語教室」を開いたり、現地の子供たちに空手を教えていた報告もあります。
Q7■派遣先に同じ日本人学生もいますか?・友達はできますか?■
これも派遣される国によって違いますが、基本的に日本人学生はいないと考えてください。
なお、派遣先では、世界各国から来た同じロータリーの派遣学生と知り合うことができます。

現地の友達は、海外生活の中で欠かせない大切な存在です。
自分から積極的に友達を作っていくしか方法はありません。
Q8■派遣先でアルバイトや車の免許の取得はできますか?■
 ビザの関係やこのプログラムのルールで禁止されています。
 Q9■派遣期間を延長することはできますか?
 プログラムの期間は、決まっているので延長はできません。
 Q10■派遣前に研修(オリエンテーション)はあるのですか?
あります。
このプログラムの試験合格者は「派遣候補生」になり、その後、約10回の研修(以下:オリエンテーション)を経ると派遣先が決定し「派遣生」になります。つまり、合格後のオリエンテーションを受けて派遣にふさわしい人材と認められれば「派遣生」になり海外に行くことができます。
Q11■部活とオリエンテーションは両立できますか?■
両立できます。
ただし、オリエンテーションは限られた時間の中で行いますので、部活と重なった場合はオリエンテーションを優先してもらいます。
Q12■途中で日本に帰ることはできますか?■
 特別な事情を除いては帰国することはできません。
ただし、派遣先でトラブルを起こした場合はアーリーリターン(強制帰国)になります。
(プログラムのルールを破ったり、迷惑行為を行った場合)
Q13■大学受験に有利になりますか?■
いいえ。受験に有利になることはありません。
大半は大学に進学していますが、帰国後は普通の高校生と同じように受験勉強しています。
*受験においては、有利になりませんが、「国際経験」という点からは、社会的に有利と言えるかもしれません。

帰国後の進路→進路一覧
Q14■ROTEXとはなんですか?■
ROTEXとはこのプログラムのOB・OGから構成されるプログラムサポートのボランティアです。
普段は青少年交換プログラムの企画・運営のサポート活動をしています。
主要メンバーは大学生で、30年以上の歴史があります。大学のサークルとは違い、社会で活躍しているロータリアンと一緒に活動しているので周りの大学生よりも大人で頼りある先輩たちです。
(ROTEXでの経験を活かし社会で活躍されている先輩方が大勢います。)

*当地区(2570地区)のプログラムでは、ROTEX活動は帰国後の参加義務になっています。
ROTEXって何→ROTEX

高校生のみなさんへ <<  home

国際ロータリー第2570地区
ガバナー事務所

ガバナー事務所

〒355-0028
埼玉県東松山市箭弓町2-5-14 紫雲閣3F
TEL 0493-21-2570
FAX 0493-21-2571
E-mail:
d-office@mail.rid2570.gr.jp